残置物撤去・解体とは

不動産の取り壊しや引き渡しをするにあたって必要になる残置物撤去・解体

これは対象の物件の中にある一般ごみから家電、大型家具に至る廃棄物を全て撤去・解体する作業になります。

この残置物処理・解体は家主が亡くなってしまった、手持ち無沙汰な不動産を手放すことになったといった場合に行われることが多いです。

この残置物処理・解体は家屋の解体業者や専門の業者に依頼することができますが、はたして依頼してしまって本当にいいのでしょうか?

当ページでは、残置物処理・解体を行うにあたって知っておきたいことをご紹介したいと思います。

解体業者が処理してくれる残置物とそうでないもの

手放すことになった家屋を取り壊す場合、最終的に解体業者によって解体してもらうことになることでしょう。

この解体業者ですが、残された物はなんでも解体・処理できる訳ではありません。

環境面の取り決めにより解体できるものと解体できないものがあるのです。

以下が、解体業者が買いたいできるものと解体できない物の区別になります。

解体できるもの
ベッドの木枠やタンスなど、木でできたもの
解体できないもの
布団や衣類、家電など不燃ゴミなどを含む一般廃棄物

残置物は解体できるものであれば業者に処理してもらうことが可能ですが、その場合解体費用に加え別途費用がかかります。

タンスやベッドの木枠など業者に解体をお願いするものが多ければ多いほど費用がかかってきてしまうのです。

また一般廃棄物などの解体できないものが残置物として残った状態だと、解体業者が解体作業を行えないということも。

解体業者によっては別途サービスとして解体できない一般廃棄物を処理してくれることもありますが、この場合も別途処理費用がかかります。

そのため、一般廃棄物は残置物処理・解体として事前に処理をする必要があるのです。

多いほど費用がかかる!残置物撤去・解体の相場

費用の相場として例えば4トントラック1台で数万円という計算の仕方や、残置物の物量を面積に置き換えてその面積の広さによって計算をすることが一般的。

 業者によって残置物撤去・解体の費用の計算基準は違うので、業者ごとに確認する必要があります。

あくまでも例ですが、以下は専門の残置物撤去・解体業者に頼んだ場合のだいたいの相場になります。

項目費用 
1R・1K(3㎥~10㎥)3~10万円
1LDK・2DK(5㎥~20㎥) 5~20万円
2LDK・3DK(10㎥~30㎥)10~30万円
3LDK・4DK(15㎥~40㎥)15~40万円
4LDK・5DK(20㎥~50㎥)20~50万円

上記に加え、撤去の難易度や別途手数料によって費用が上がることもあります。

最終的にこの相場よりも高めになると思っていいでしょう。

自分で処理できるものは自分で処理してできるだけ節約しましょう

自分で処理できるものに、以下のようなものが挙げられます。

  • 日用品などの一般ごみ
  • 家電製品
  • 電子機器
  • 家具などの粗大ゴミ

これらのゴミを自分で処理した場合と、解体業者に処理を依頼した場合について比較してみると、以下のような価格の違いが出てきます。

解体業者の処理費用4トントラック1台4万円〜
日用品などの一般ごみ自分で処理:0円
家電製品自分で処理・リサイクル:1点0円〜いくらかの収入
電子機器自分で処理・リサイクル:1点0円〜いくらかの収入
家具などの粗大ゴミ自分で処理:1点100円〜の費用

こうして比較してみると、残った残置物を解体業者にまとめて処理してもらえるのは確かに便利でも、できるだけ自分で処理してしまった方が楽だと思えますよね。

とはいえ、自分でものを整理するのも面倒という人も

残置物撤去・解体を自分で処理すれば節約になるとわかっていても、やっぱり面倒さを考えると数万円払って解体をお願いした方がいいのでは?とついつい思ってしまいますよね。

そんな時は、部屋の中のものを全て仕分け、それぞれ適切な取り扱いで一括処理してくれる遺品整理業者に頼んでしまうという方法があります。

遺品整理業者は、基本的に部屋の片付けから始まりもののリサイクルや廃棄までワンストップで行ってくれる仕組みとなっており、そもそもサービスに残置物撤去が含まれているとイメージしてもいいほどです。

気になる費用についてですが、部屋の広さと物の多さに合わせて費用の見積もりが組まれます。

基本的に1K 35,000円〜の価格帯からスタートし、広い部屋であれば20万円ほどの見積もりになってます。

残置物の量や質によっては解体業者に頼んだ方が安く済むというケースもあるので、遺品整理業者に頼むという選択もあるということは頭の隅に置く程度にして、状況に合わせて選択するといいでしょう。

以下では遺品整理について解説。遺品整理業者のことをもっと知りたい人は是非合わせて読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました