遺品整理とは

身内や親族をなくした遺族には、故人の葬儀や亡くなった後の各種手続きはもちろん、最後に遺品整理を行う必要があります。

生前、故人を取り囲んでいた衣服や家具、生活用品などといったものは遺品となり、ありのまま放置することはできないため、残された親族が整理をしてあげなくてはなりません。

とはいえ故人のことを思うとこれらの遺品を残すべきか、廃棄するべきか・・・と、考え始めると悩みは尽きないことでしょう。

廃棄処理ルールやリサイクル業界の発展により、昔に比べて遺品整理をするための工程は増えてきています。

上記のような手続きの煩雑さに加え、遺品整理を行う遺族自身が体力的にきつい、時間がないなどといった理由によって、遺品整理を業者に一括で任せるという動きが多くなっています。

当ページでは、基本的な遺品整理の時期や工程、業者に依頼するメリットについてご紹介したいと思います。

遺品整理に最適な時期

人が一人生きていたというだけで、身の回りのものは思っているよりも増えてしまうものです。

多くの物を整理・処理するため遺品整理にはある程度の時間が必要になります。整理するにしても葬儀やそのほか手続きとのタイミングをみながら予定を立てたいですよね。

ではいつ行うのがベストなのか?遺品整理を行う時期についてこれといった決まりや作法はありませんが、四十九日が過ぎたタイミングで行うというのが一般的とも言われています。

これは故人の住居が持ち家である場合に考慮できるタイミングとなります。

ただし昔に比べて現代では期限付きの賃貸物件に入居している人も多く、故人の家が賃貸だった場合、一般的に契約期間は亡くなった当月末か翌月末なることが多いです。

そのため、貸し家の場合だと四十九日を待たず契約期限内に遺品整理を行うことになります。

上記についてはあくまでも一般論であり、遺品整理の時期に正式な決まりや作法はないため、それぞれ遺族の都合に合わせたタイミングで行うといいでしょう。

遺品整理の手順とは

遺品整理で実際に行われることについて、紹介したいと思います。

遺品の仕分けをおこなう

故人の残した遺品は、おおまかに分けて以下の4通りに分けることができます。

貴重品

パスポートなどの身分証明証、現金、印鑑、通帳・キャッシュカード、クレジットカード、マイナンバーカード、保険証、年金手帳、有価証券、契約書類、土地や不動産などの権利書、公共料金等の請求書や領収書、価値のある美術品や貴金属類

形見品

故人が使っていたものの中でも特に愛用していたもの、故人の思い出の品と言えるもの、アルバムや生前の写真など故人との繋がりを感じるもの

リサイクル、再利用できるもの

製造から5年以内の家電製品、高級家具、価値のあるブランド衣類や着物、アルミ・銅などの貴金属類

廃棄物

リサイクルできない家電や家具、ゴミと判断できるもの、必要がないと感じたもの

遺品整理の手順として、まずは上記の種別に遺品を仕分けていきます。

仕分けた遺品の処理

上記で仕分けた遺品は、以下のように各種処理を行います。

貴重品全ての手続きが終わるまで大切に保管しておく
形見品親族間で形見分けを行う、必要がなければ処分してしまう
リサイクル、再利用家具、衣服、家電、貴金属類専門など、
各種専門のリサイクル業者・処理業者に頼んで引き取ってもらう
廃棄物廃棄処理業者に依頼する、自治体に合わせて廃棄する

処分方法・遺品の買取について

個人では処理しきれない遺品の処理方法には、業者による買取・リサイクルか、廃棄の2つがあります。

リサイクルショップで買取ができるのは製造から5年以内の家電、価値のある着物類やブランド衣服、高級な家具など。

また鍋や釜などが該当するステンレス、銅、アルミなど貴金属類も専門の業者に頼めば買い取ってもらうことができます。

また細々とした売却できないようなものでも、業者によっては無料で引き取ってくれることもあります。

業者によって対応できるものや範囲も違ってきますので、まずは故人の遺品にどんなものがあるのかしっかり遺品の分類分けを行ってから業者を選ぶようにしましょう。

もしくは先に業者を選んでから、業者のルールに合わせて仕分けるという方法もあります。

遺品整理を業者に任せるという選択肢

これまで説明したように、故人の身の回りのものを整理する遺品整理にはとても多くの工程や作業が存在しています。

ものが思ったよりも多過ぎて作業の終わりが見えない、仕分けしたはいいものの連絡しなくてはいけない業者の数が多すぎる…

遺品が多い、時間がない、体力的にきついなど様々な要因によって、遺族自身が遺品整理を行うのが難しいというケースが年々増えてきています。

こういったケースの場合、遺品整理を専門の遺品整理業者に依頼するという選択をすることができます。

遺品整理業者とは、仕分けから廃棄、各種業者への連絡など、自分で行うにはあまりにも多すぎる作業工程を、全てワンストップで行ってくれる業者のこと。

ただの便利屋やなんでも屋のことなのでは?と思ってしまうかもしれませんが、実は遺品整理士という正式な資格が存在するほど専門的な業界となっています。

そのため、遺品整理士のいる遺品整理業者には安心して作業を任せることができます。

以下では遺品整理士を含め、遺品整理に必要な資格について掲載・解説。是非合わせて読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました