不動産整理とは

  • 亡くなった故人が残した不動産、空家はどうしたらいいの?
  • 相続したくない不動産があるんだけど…
  • 訳あり物件なので不動産業者だと扱ってもらえない

故人が生きていた頃住んでいたのが持ち家だった場合、遺品だけではなく不動産の整理まで行わなくてはいけなくなります。

また故人自身の住んでいた家以外に所有していた不動産がある場合にも、同様に不動産整理が必要です。

空家となった家はそのまま放置するとあっという間に風化し住めなくなりますし、相続したとしても相続税や固定資産税がどんどん発生してしまいます。

不動産に関する後々の負担をなくすために、遺品整理と一緒に行ってしまいたい不動産整理。

ここではその知識や概要について説明していきたいと思います。

不動産の整理をしたい場合はどうすればいい?

  • 相続しても相続税や固定資産税などの維持コスト負担になってしまう
  • 事故物件になってしまったので買い取ってもらえない
  • 不動産が多すぎて手に負えないので、いくつかは手放してしまいたい

他にも理由はあるかと思いますが、上記のようなケースになり不動産整理を決意される方も多いでしょう。

不動産整理において該当する物件は、残された不動産のタイプと立地、相続予定の遺族の方の都合に合わせて適切に取り扱われなくてはいけません。

故人の方が残された大切な不動産を納得のいく形で整理するためにも、まずは不動産のタイプとどんな取り扱いをすべきかを知っておきましょう。

残された不動産の種類と取り扱いの選択肢

主に不動産整理で取り扱われる不動産タイプは以下の3つになります。

  • 一戸建て
  • 分譲マンション
  • 空地、山、畑などの土地

不動産整理を行う場合、空家となった不動産にはどのような整理方法があるのか?

考えられるものとして、まずは以下の選択肢が出てきます。

  • 相続
  • リフォームして貸家、売家に
  • 改装して貸スペースや店舗
  • 売却
  • 家屋解体

それでは、それぞれの不動産タイプはどのように不動産整理するのが適切なのか?

不動産自体の特徴も考えると、以下のように考えられます。

一戸建て

一戸建ては庭の手入れや定期的なメンテナンス、防犯面について常に気をつけなければいけないので、空き家のままで放置しておくと非常に手間がかかってしまいます。

そのため、空家となる場合は親族が相続する、貸家にして家賃収入を発生させる、売却してしまうという選択肢があります。貸家や売却に関しては他の人が利用することになるのであらかじめリフォームや改装を行う必要あります。

地方の一戸建てで買い手も借り手もつかず、不動産会社も取り扱えないという場合、今後の負担を負わないためにも家屋解体という選択を取らざるを得ないでしょう。

分譲マンション

分譲マンションは一戸建てほど手間や維持費がかかりませんが、同様に定期的なメンテナンスが必要なためやはり放置しておくには負担になってしまう不動産タイプになります。

空家になる場合はリフォームをして賃貸に出してしまう、売却するという選択肢が浮かんでくるでしょう。

空地、山、畑などの土地

アクセスのいいところならともかく、地方にある場合だとなかなか買い手も借り手も見つからないことがほとんどです。

何もしていなくても固定資産税が出て行く一方であり、さらに査定でも低く見積もられがちです。

相続しても困ってしまうという場合、売却してしまうという選択をするケースがほとんどでしょう。

不動産整理には専門家の協力が必要

なんとなくイメージが湧いている方も多いと思いますが、不動産整理にあたって土地や建物の取引を行うには、専門の資格を持った人の協力も必要になってきます。

主に土地や家の賃貸・売買を取り扱う不動産会社から、専門の住宅メーカー、遺品整理後の不動産整理もワンストップで請け負っている遺品整理業者など依頼をしようと思うえば選択肢は無限。

大手不動産なら信頼性が高いですし、中小の不動産や業者ならその地方のことについてよく知っているなどそれぞれ特徴があります。

不動産整理を任せる前に、しっかりどのような会社が不動産整理に合っているか自分で考えて見ましょう。

いざとなれば不動産会社の免許番号で実績確認ができますので、事前に依頼先を熟考することもできます。

不動産会社を選ぶのも大変という場合は、遺品整理を業者に頼んだ際に、その業者に一度聞いてみるのも一つの手です。

日々なくなった人の遺品や遺産を取り扱っている遺品整理業者なら、業者事態が不動産整理のプランを扱っている場合もありますし、同じ業界内での繋がりがある可能性が高いです。

遺品整理・不動産整理に詳しい業界なので、頼りになることでしょう。

不動産整理を行う前に、物件の中の生活用品や家具、家電を全て綺麗に処理する必要があります。

以下では、部屋を空っぽにするのに必要な工程の一つ、残置物撤去・解体について解説しています。是非合わせて読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました